塩麹ミートボールの作り方|ヨーグルティアを使った甘酒(あまざけ)や甘酒の作り方とレシピ

ヨーグルトメーカーのパイオニア「タニカ電器」が贈る発酵食品専門ポータルサイト

オリジナルヨーグルトを作ろう カモシコとは、何でも醸してしまう不思議な壺という意味の造語です。

HOME >料理レシピ> 塩麹ミートボール

UP 2013.10.21

塩麹ミートボールの作り方(専門家レシピ)
肉のうまみがギュッと凝縮したミートボール。おかずにはもちろん、お酒にも合う大人味です。

材料|2人分

タマネギ(みじん切り) 1/4個
パン粉 1/4カップ
牛乳 大さじ2
揚げ油 適量
   
【A】  
合いびき肉 200g
塩麹 大さじ2
コショウ 少々

作り方
  1. 1

    タマネギは油少々(分量外)を熱したフライパンで透き通るまで炒め、冷ましておきます。パン粉に牛乳をふってしっとりさせます。

  2. 2

    ①とAを合わせ、粘りが出るまでよく混ぜます。これをピンポン球ほどの大きさにまとめます。

  3. 3

    たっぷりの揚げ油を165℃に熱し、②を入れて、中火でゆっくりと揚げ、最後に強火にしてカラっと揚げます。

あればベビーリーフなどを添えます。

髙城 順子

NHK「みんなのきょうの料理」でおなじみの料理研究家

その他の発酵食レシピ
その他の発酵食料理レシピも試してみましょう!

しょうゆ麹の炒り鶏

しょうゆ麹を使うと、ほかの調味料はひかえめにしてもしっかりとした味わいになるので、結果的にヘルシーに。しかも奥深い味わいで、いつもの炒り鶏をランクアップさせてくれます。


カブの甘酒スープ

カブと甘酒の上品な甘みが、しみじみ味わい深いスープ。体がほっとするおいしさです。


アサリと野菜の甘酒炒め

甘酒は、中華料理の発酵調味料・チュウニャンによく似ています。そこで、中華の炒め物に甘酒をひとさじ。コクが出て、いっそう本格的な味わいに。とろみがあり、全体に行き渡るところも使いやすさのポイント。


サワラの西京焼き

みそ床に漬けることで魚の水分が抜けて、身がほどよく締まり、うまみが増します。西京みそのふくよかな香りがたまらない一品。


塩麹のゴーヤチャンプルー

ほのかな甘みで素材の持ち味を引き出し、まろやかな塩味で炒め物をおいしく。


カジキの醤油麹照り焼き

醤油麹に漬け込むだけで、魚はやわらかく、うまみを増し、くさみが消えます。これを焦げ目がつくように焼くと、たまらなく香ばしい照り焼きのできあがり。


タンドリーチキン

ヨーグルト効果で肉がやわらかジューシー。水切りヨーグルトを使うと肉によくからみ、豊かな味わいになります。


塩麹チャーハン

調味料が塩麹だけでは物足りないかも?そんな心配は御無用です。塩麹とカニのうまみで、驚くほど風味豊かな仕上がり。米麹でつくった塩麹だから、ご飯との相性は最高です。


ヨーグルトトライフル

季節のフルーツとカステラをまとめるのは、手作りヨーグルト。あっという間にできて、おもてなしにも喜ばれる、おいしくてヘルシーなグラスデザートのできあがりです。


塩麹ミートボール

肉のうまみがギュッと凝縮したミートボール。おかずにはもちろん、お酒にも合う大人味です。


水切りヨーグルトグラタン

小麦粉も生クリームも使っていないのに、満足感は充分。ダイエット中でも安心して食べられる、低カロリーグラタンです。


ゆで卵の塩麹漬け

少量の塩麹をまぶしておくだけで、ゆで卵がうれしい味付け卵に。チーズは熟成された風味をまとって、あとをひくおいしさ。もともと塩気のないクリームチーズの濃厚な味わいは絶品です。

発酵食をおいしく食べよう!塩麹(塩こうじ)や自家製ヨーグルト等の作り方と料理レシピ

Copyright© Yogurtia.net All Rights Reserved

Back to Top