塩麹鶏のから揚げの作り方|ヨーグルティアを使った甘酒(あまざけ)や甘酒の作り方とレシピ

ヨーグルトメーカーのパイオニア「タニカ電器」が贈る発酵食品専門ポータルサイト

オリジナルヨーグルトを作ろう カモシコとは、何でも醸してしまう不思議な壺という意味の造語です。

HOME >料理レシピ> 塩麹鶏のから揚げ

UP 2013.4.1

塩麹鶏のから揚げの作り方(専門家レシピ)
塩麹をよくもみ込んで、20~30分おくのがポイント。肉の香りもうまみもアップします。

材料|2人分

鶏もも肉 大1枚(約280g)
揚げ油 適量
   
【A】  
塩麹 大さじ1
大さじ1/2
ショウガ汁 小さじ1
   
【B】  
片栗粉 大さじ1+1/2
小麦粉 大さじ1+1/2

作り方
  1. 1

    鶏肉は余分な脂を除き、6~8つに切ります。Aを合わせて鶏肉にもみ込み、20~30分ほど漬けます。

  2. 2

    鶏肉をキッチンペーパーで軽くふき、Bを入れたポリ袋に入れて、粉をまぶします。

  3. 3

    たっぷりの揚げ油を165℃に熱し、粉をはらいながら②を入れます。温度を一定に保ちながら中火でゆっくりと揚げ、最後に強火にしてカラッと揚げます。

あればローズマリーなどのハーブを、鶏肉といっしょに素揚げして飾ります。

髙城 順子

その他の発酵食レシピ
その他の発酵食料理レシピも試してみましょう!

しょうゆ麹の炒り鶏

しょうゆ麹を使うと、ほかの調味料はひかえめにしてもしっかりとした味わいになるので、結果的にヘルシーに。しかも奥深い味わいで、いつもの炒り鶏をランクアップさせてくれます。


カブの甘酒スープ

カブと甘酒の上品な甘みが、しみじみ味わい深いスープ。体がほっとするおいしさです。


アサリと野菜の甘酒炒め

甘酒は、中華料理の発酵調味料・チュウニャンによく似ています。そこで、中華の炒め物に甘酒をひとさじ。コクが出て、いっそう本格的な味わいに。とろみがあり、全体に行き渡るところも使いやすさのポイント。


サワラの西京焼き

みそ床に漬けることで魚の水分が抜けて、身がほどよく締まり、うまみが増します。西京みそのふくよかな香りがたまらない一品。


水切りヨーグルトグラタン

小麦粉も生クリームも使っていないのに、満足感は充分。ダイエット中でも安心して食べられる、低カロリーグラタンです。


水切りヨーグルト入りスクランブルドエッグ

リコッタチーズを加えたような、とろとろ感。かんたんにおいしく作れる絶品卵料理です。


水切りヨーグルトのカプレーゼ風サラダ

水切りヨーグルトは、モツァレラチーズのようにも楽しめます。塩麹でさらにうまみアップ。


ゆで豚の塩麹漬け

ゆでた塊肉に塩麹をしみ込ませます。くさみやくせが消え、うまみが増して、上等のハムのよう。


塩麹鶏のから揚げ

塩麹をよくもみ込んで、20~30分おくのがポイント。肉の香りもうまみもアップします。


カジキの醤油麹照り焼き

醤油麹に漬け込むだけで、魚はやわらかく、うまみを増し、くさみが消えます。これを焦げ目がつくように焼くと、たまらなく香ばしい照り焼きのできあがり。


野菜の塩麹漬け

塩麹を漬け床にして、野菜を寝かせた漬け物です。繊維が密で、歯ざわりのしっかりした野菜が向いています。急ぐ時は細く薄く切って漬け、長く保存したい時は大ぶりに切って漬けましょう。


塩麹ドレッシング

塩麹の働きでレモンとオリーブ油がよくなじみ、どんなサラダにも合う万能タイプ。ライスサラダやパスタサラダとの相性も抜群です。

発酵食をおいしく食べよう!塩麹(塩こうじ)や自家製ヨーグルト等の作り方と料理レシピ

Copyright© Yogurtia.net All Rights Reserved

Back to Top